センターからのお知らせ
ホーム > センターからのお知らせ
センターからのお知らせ 一覧へ戻る

2020.07.07
熱中症予防のために・ハチに注意しましょう!

 
暑さを避ける
室内では・・・
 ●扇風機やエアコンで温度を調節
 ●遮光カーテン、すだれ、打ち水を利用
 ●室温をこまめに確認
 ●WBGT値※も参考に
からだの蓄熱を避けるために
 ●通気性のよい、吸湿性・速乾性のある衣服を着用する
 ●保冷剤、氷、冷たいタオルなどで、からだを冷やす
室外では・・・
 ●日傘や帽子の着用
 ●日陰の利用、こまめな休憩
 ●天気のよい日は、日中の外出をできるだけ控える
 ●人との間隔が十分とれる場合はマスクを外す

※WBGT値: 気温、湿度、輻射(放射)熱から算出される暑さの指数 運動や作業の度合いに応じた基準値が定められています。環境省のホームページ(熱中症予防情報サイト)に、観測値と予想値が掲載されています。
こまめに水分を補給する
室内でも、屋外でも、のどの渇きを感じなくても、こまめに水分・塩分、スポーツドリンクなどを補給する
「熱中症」は、高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。屋外だけでなく室内で何もしていないときでも発症し、救急搬送されたり、場合によっては死亡することもあります。
熱中症について正しい知識を身につけ、体調の変化に気をつけるとともに、周囲にも気を配り、熱中症による健康被害を防ぎましょう。
熱中症の症状
めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、気分が悪い
頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感、いつもと様子が違う
重症になると、
返事がおかしい、意識消失、けいれん、からだが熱い
●自身や班員が医療機関を受診した場合は、センターにご連絡願います。
詳しくは、厚生労働省ホームページ「熱中症関連情報」をご覧ください。
 

ハチに注意しましょう!

 ハチ(ハチの巣)を発見したら

●作業を止めて、むやみに近づかない。
●ハチを刺激しない(振動に敏感!)。
●殺虫剤が散布できる範囲であれば、周囲を確認して散布。
※センター事務所でハチスプレー(殺虫スプレー)を用意してあります。

 ハチにさされたら

●刺されたらすぐに病院で診察を受けるようにしてください。
 (アレルギー体質の方は職群班等で情報を共有しましょう)

 ハチに刺されたときの応急処置
(1) 症状の確認
(2) ハチの針を抜く
(3) 流水で毒を取り除く
患部に口をあてて毒を吸い出したり
オシッコをかける行為はNG !

(4) 薬をぬる
(5) 冷やす
※全身症状が出たらすぐに病院へ!
仕事を依頼したい方
シルバー人材センターへ入会したい方
当センターの概要
各種活動のご紹介
適正就業ガイドラインお客様用 適正就業ガイドライン会員用
賛助会員のご案内
シルバーだより まごころ
あなたの子育て応援します
制服・体操着在庫一覧
お墓サポート隊
不審電話に注意
ご意見・お問い合わせ

 長岡市シルバー人材センター
〒940-0048
新潟県長岡市台町2丁目4番56号
(越後交通ビル E・PLAZA6階)
TEL 0258-35-2380
FAX 0258-37-2880

Copyright(C) 公益社団法人 長岡市シルバー人材センター
All rights reserved. 

リンク 個人情報保護について よくあるご質問